過去のブラック企業体験を活かしたい! | 男性(35歳)

過去のブラック企業体験を活かしたい! | 男性(35歳)

 

私は以前とある下請け会社で働いていた35歳です。

 

前の職場には、高卒の新入社員として入社。この会社では、主にビルメンテナンスや空調といった仕事をメインに行っていました。

 

料理の勉強をしていた私にとって無縁の仕事。就職先が見つからなかった私は、「今のご時世雇ってもらえるところがあるだけありがたい」の一身で就職を決意。

 

ですが、まずは知識でついていけませんでした。一生懸命仕事を覚えようとがんばっていたのですが職務も多様。

 

あるときは床の清掃、あるときはエアコンの空調、そしてまたあるときは放射線管理・・と中々覚えることもできず足をかなり引っ張っていました。

 

そして自分の会社の連中からは、足手まといのような扱いを受けるようになりまた

 

元受のお客様にあたる人たちからも、「○○君がくるならこの仕事の話は無しで」というような電話もかかってくるように・・。

 

私は月のうち、半分も現場に出れなくなりました。しかし私は正社員で雇われていたため、仕事に毎日出なくても給料がもらえる状態。

 

それに反応したかのように、次第に上司からの当たりもきつくなり時間が不定期な作業ばかりをさせられるようになりました。

 

朝5時からの現場が、夕方5時に終わりますが、そこからまた夕方の7時から現場というような捨て駒のような扱いを受けるようになったのです。

 

月の日にちの数よりも、働いた日数の方が多くなったりほとんどがサービス残業。寝る時間なんてものは、行きかえりの車の中だけの日が続くこともありました。

 

それでも、まだまだ自分に対しての仕打ちは収まることはありません。

 

たまにしか事務所にこない所長と現場に行けば、「寝すぎ!下っ端なんだから運転くらいしろや!」というようなキツイあたりが続きもう耐えられなくなっていました。

 

運転免許もないのに・・。

 

彼女との間に子供ができた

 

身も心もズタズタで、相談相手は仲のいい友達くらい。彼女もいたのですが、なかなか打ち明けられずにいました。

 

会社の上司には言っても言い返されるばかりで、自分が間違っているかのように言いくるめられてしまうだけ。もう、打つ手もありません。

 

そこで「辞めたいのですが」と所長に退職願を出すも、その場で破り捨てられてしまい自分の無力感にふがいなさを感じ無断欠勤をしてしまいました。

 

ここは自分が悪かったのですが、その分だけお客様に迷惑をかけたとのことで給料を半分も削られるはめになりました

 

それがそのひと月だけかと思いきや、その後数ヶ月にわたり仕事量の変わらないまま給料も減っていたのです。

 

このことを社長に電話で問いかけるも、相手にはしてもらえず「うちの会社がそんなことをするはずがない!」と逆に怒られてしまいどうすることもできませんでした。

 

しかし自分が社長にまで電話したのにはわけがあり、付き合っていた彼女との間に子供ができたからです。

 

自分の気持ちとして、彼女と結婚し子供を生んでもらい幸せな家庭を作っていきたかったからです。

 

ただ、この給料や会社の状況で、彼女と子供を養うには条件が不十分過ぎました

 

私は、社長に何度も問い合わせるも、いつものように相手にしてもらうどころか、逆に怒鳴られ続けていました。ここで辞めようと決意しました。

 

しかし退職届けを出すも、また糸も簡単に破り捨てられ大量の書類作成や責任重大な仕事を「やめさせないぞ!」と言わんばかりに押し付けてきたのです

 

この時、彼女のお父さんは弁護士をしていたので、始めて自分の会社のブラックさに気づくことになりました。

 

勉強を頑張っておけばよかったと後悔

 

今までは「社会にでれば嫌なことや納得できないことがたくさんある」と親には言い聞かせられていたので、「これが普通の新卒新入社員の在り方なんだ」とばかり思っていました。

 

そこで初めて労働基準法というものに目を通し、私は思わず涙しました。

 

そこで思ったことが、知識を手にすることはもちろん、あからさまなブラック企業はさっさと逃げた方がいいということでした。

 

彼女の父からも、「ブラック企業から逃げたところで訴えられても負けることはない」と言われ驚いたのを覚えています。

 

「いくら大手でもふたを開ければブラックなんてよくある話」と言われたのです。

 

その言葉を聴いた瞬間に、納得するものがありました。そして、次の日から会社へは行きませんでした。特に何も言われません。相手も真っ黒なことをやっていた自覚があったようです

 

ブラック企業の経験を活かして、ホワイト企業を目指す

 

このご時世、雇ってもらえるだけありがたいとは思うのですが・・。会社が原因の自殺やハラスメントなどあとを絶ちません

 

自分はたまたまいい相談相手が近くにいて助かりましたが、自分と同じく社会経験の少なさからブラック企業に染まる若い子は多いとも思います。

 

会社を辞めて新しい職場に就いても、「違う角度から見ればブラック」と言われるような企業も見てきました。

 

そこで「自分の手で若い子たちを救いたい」という一身で、前の会社と同じような会社を設立し今は20人ほどの作業員を抱える社長をしています。

 

主には勉強などができなかった子でも、働けるような業務を請け負う会社です。

 

「上から見る楽しさ」と「下から見る楽しさ」の行き違いが無いように心がけ、週一回のアンケート実施で社員のストレスチェックもしています。

 

社員同士の交流会なども楽しく、ホワイトな会社を目指していきたいと思っています。

 

それでも不満は各自持っているとは思いますが、過去のブラック企業での経験が今に生きていて逆によかったのかも知れません

 

オススメの転職エージェントはDODA〜私が評価する理由3つ〜



ブラック企業を抜け出すためにオススメなのは、当サイト管理人の私キタザワも利用した「DODA」という転職サイトです。


有名な会社なのですが、知らない方のためにDODAの良いところを、わかりやすく3つにまとめました。


ブラック労働から抜け出すために参考となれば幸いです。


@ 圧倒的な求人数も、非公開によって守られているので安心


DODAはインテリジェンス社によって運営されていますが、求人サイトでは大手のリクナビを追走する豊富な求人数を誇ります。10万件を超える求人が揃っており、「仕事が見つからないという状況が無いのでは?」と思えるほど。


私の利用時には、アドバイザーさんと相談をした際に4社の提案を受けています。もちろん、業種も別々で選びやすいです。これは、一度に提案してもらえるには十分な求人数でした。


圧倒的な求人がありながらも、8〜9割は非公開にしているため焦ってその場で決めなくても大丈夫。こういった余裕を感じさせてくれるのも、DODAの強みであると言えます。


A 仕事と給料は正当評価されるため、働きに見合った給料がもらえる


また、「転職すると収入が下がってしまう」という不安を持つ方に配慮された求人も目立ちます。「未経験であること」や「学歴を問われること」を恐れて、ブラックでも続けた方が良いと思う人も安心


それらの悩みが解消されるほど、相応の収入案件が並んでいるのもDODAの魅力。あらかじめアドバイザーさんに、サービス残業無しなどの希望があれば簡単に探してくれます。


正当な賃金評価をもらえず、ブラックで働いていたこともあった私は、転職したことで収入が増えてよかったです。ちなみに年収470万(ボーナス込み)で働かせて頂ける場を見つけられました。


B キャリアアドバイザーが優秀


何よりキャリアアドバイザーの方が優秀な点です。ふつうの就労相談員の方だと、こちらが伝える職業のイメージを一定の枠でしか考えてもらえないことがありますよね。


たとえば、「営業をやってみたい」と言っても、引き出しの少ないアドバイザーさんだと限られた営業しか教えてくれないこともあります。頭ごなしに「コレでいいでしょ」みたいな。しかし、DODAのアドバイザーさんの場合はかなり詳しいので心配不要


私のやっていた営業は、少しプレゼン色の強い営業だったので通じるか心配でした。それが、アドバイザーさんにはすぐ伝わり、「営業スタイルとしてはこういう仕事ですか?」と良い案件を教えてくれたということです。


通じるアドバイザーさんと話すと、こうも思った仕事をすぐに提供してくれるのかと思った瞬間でした。


DODAは使いやすさはバツグン。登録して連絡を待つだけ!


デメリットがあるとすれば、地方にいると相談できないということくらいでしょうか。それでも、相談なしで転職できるなら使ってしまう方が「高収入の案件」を地方でも見つけやすいです。


DODAは登録するとキャリアアドバイザーさんから連絡を待つのみと使いやすさバツグン。あとは、こちらの都合を伝えてしまえば問題ないのでぜひオススメです。


登録はコチラから⇒DODA