会社から逃げられない犬息子を両親が救う | 男性(33歳)

犬に成り下がった人間は、誰かが救わねば逃げられない

 

これは10年前の話です。大学を卒業した私は、とある会社に就職しました。某居酒屋チェーンを運営する会社です。そこは紛れもなく「ブラック企業」でした。

 

私は、入社してから数年で、この会社の系列店の店長を任せられることになります。繁華街にあり、連日お客さんで満席になるようなお店。

 

店長として働く前から、忙しくなるぞと覚悟してはいましたが、それは私の想像を越えるものでした。とにかく毎日が過重労働の連続だったのです。

 

営業時間は17時から翌5時まででしたが、仕込みなどの開店準備のために昼過ぎには勤務に入らなければなりません。そこから閉店時間までいることは当たり前。

 

閉店しても私の仕事はまだ残っています。本社に売り上げの報告など事務作業をしなければならなりません。

 

結局、それを終えて自宅に戻って、2時間ほど眠ってはまた勤務するということの繰り返しでした。一応、休日は週に2日と定められていましたが・・・。

 

ご想像の通り、まともに休みが取れた日はありませんでした。アルバイトの子たちが急に休むことになったら、私が代わりに出勤しなければなりません。

 

たとえ、家でのんびりしていたとしても、お店でトラブルがあればすぐに私の携帯に連絡があります。

 

休日というのは名ばかり。実際は外出すらままならない現実がありました

 

「きょうはトラブルがないように」と願いながら自宅で過ごすというのは、常に緊張感があり、少しも体を休めることができません。

 

出勤中も休日も、すべて仕事に支配されているような感覚でした

 

アルバイトを雇うのも大変

 

これは、私のお店に限ったことではありませんが、働き手を集めるのも大変でした。

 

ただでさえ「忙しそう」という理由で敬遠されがちな飲食業界。アルバイトの募集をしても、なかなか希望者が集まりません。

 

バイト求人サイトでしっかりした人材を集めればいいのに、安い地方のフリーペーパーで人材を募集するケチ会社でもありました。

 

また、たとえアルバイトを採用したとしても、仕事の大変さからすぐに辞める人がほとんどです。そして、また募集をかける。しかし、なかなか集まらない。

 

採用してもすぐにいなくなってしまう。この連続が、もはや日常になっていました。そのしわ寄せは、誰でもなくすべて店長である自分に降りかかってくるのです

 

結局は、従業員の少なさを私がカバーしなければなりません。毎日のように出勤する羽目になっていました。1ヶ月休み無しなど当たり前です。

 

半年間、ずっと働き続けたこともあります。そんな生活を続けて2年ほど経ったときです。ついに私の体は限界に達してしまいました。

 

ある日の勤務中、私はお店の厨房で倒れてしまいました。救急車で運ばれてそのまま入院することに。医者の診断は、「過労」でした。

 

私の勤務状況を把握した医者はとても驚いて忠告してくれました。「そんな働き方を続けていたら、本当に過労死してしまう」、すぐに辞めなさいともおっしゃいました。

 

それができたらどんなに楽なことでしょう。でも、できないのです。私の会社では簡単に辞めることは許されないのです

 

辞めさせてくれない会社。もはや犬になったも同然

 

退院後、本社に行って勤務状況の改善を訴えました。とにかく、週2日は確実に休めるようお願いしたのです。

 

しかし本社の人間は、私に対して親身になってくれることはありません。

 

「店長の采配でやりくりしろ」の一点張り。従業員が足りない状況のなかで、きちんと休みが取れるわけがありません。

 

どうすれば従業員が集まり、無理のないシフトを組めるかなど、本社の人間にとってはどうでもいいのです。ただ売り上げさえ上げればいいのです。

 

むしろ、ここで週2日の休みを認めるとその風習が前例となって、犬を飼いならせなくなることを恐れているとも感じました。

 

そこで働く人間のことなんて微塵も考えていないことが、体を壊してからはっきりとわかりました。

 

私は何度も会社に辞めることを伝えましたが、本社の人間はなかなか聞き入れてくれません。「今、辞めてもらったら困る」、その言葉ばかりです。

 

辞めたことで被る会社の不利益はお前に補償してもらう」、とも言われたことがあります。

 

ただの脅しであり、もはや自分は会社の犬でしかありませんでした。私に辞めるという選択肢は与えられませんでした。そのため、病み上がりの状態で働き続けました。

 

そのころには、自分の意思はありません。すべては会社のいいなりになって、何も考える気力もなく、ただただ売り上げのために働いているという生活。

 

心を殺し、自分を失くすと自然とロボットのように働けるというのは、この時に学習しました。これが、過労死に繋がるポイントなのだと思います

 

誰かが犬の鎖を切らねば逃げられない

 

売り上げが悪いと本社に呼ばれて、散々説教を受けます。土下座を要求されたこともあります。お前が悪い、お前が悪いという言葉に、私はただただうなずくだけ。

 

何か、頭に刷り込まれる念仏のように。「お前が悪い・・お前が悪い・・」と。

 

このころは実際に、自分のせいで売り上げが落ちているんだと思い込んでいました。そんな人間らしい感情を忘れてしまった私を救ってくれたのは両親でした。

 

1人暮らしをしていた私の自宅に突然やってきて、「今すぐ会社を辞めなさい」と言ってくれたのです。

 

でも、不思議なもので犬は一度忠誠を誓うと逃げられないんですね

 

「それはできない、会社のために働き続けないと」、と告げても両親は聞く耳を持っていません。どちらがおかしいかは、言うまでもありませんが。

 

自分の命を削ってまで働くことは無意味であると、その足で両親は本社に向かい、私に代わって辞めることを告げてくれました。そして私は会社を辞めることになったのです。

 

やみくもに働き続けてきたあの日はなんだったんだろう、と今でも考えることがあります。おそらくあのまま仕事を続けていたら、今ごろ私の命はすでに絶えていたかもと

 

過労死がたびたびニュースになることがありますが、「逃げればいい」とか「なんで辞めないんだ」という言葉をよく聞きます。

 

逃げられないんです。辞められないんです。犬なんです

 

犬は鎖を誰かにほどいてもらわないと、逃げられないんです。これは、私がブラック企業に通ったからこそ言える最後の遠吠えです。

 

少しでおかしいと思うなら、早く誰かに助けを求めて下さい。

 

オススメの転職エージェントはDODA〜私が評価する理由3つ〜



ブラック企業を抜け出すためにオススメなのは、当サイト管理人の私キタザワも利用した「DODA」という転職サイトです。


有名な会社なのですが、知らない方のためにDODAの良いところを、わかりやすく3つにまとめました。


ブラック労働から抜け出すために参考となれば幸いです。


@ 圧倒的な求人数も、非公開によって守られているので安心


DODAはインテリジェンス社によって運営されていますが、求人サイトでは大手のリクナビを追走する豊富な求人数を誇ります。10万件を超える求人が揃っており、「仕事が見つからないという状況が無いのでは?」と思えるほど。


私の利用時には、アドバイザーさんと相談をした際に4社の提案を受けています。もちろん、業種も別々で選びやすいです。これは、一度に提案してもらえるには十分な求人数でした。


圧倒的な求人がありながらも、8〜9割は非公開にしているため焦ってその場で決めなくても大丈夫。こういった余裕を感じさせてくれるのも、DODAの強みであると言えます。


A 仕事と給料は正当評価されるため、働きに見合った給料がもらえる


また、「転職すると収入が下がってしまう」という不安を持つ方に配慮された求人も目立ちます。「未経験であること」や「学歴を問われること」を恐れて、ブラックでも続けた方が良いと思う人も安心


それらの悩みが解消されるほど、相応の収入案件が並んでいるのもDODAの魅力。あらかじめアドバイザーさんに、サービス残業無しなどの希望があれば簡単に探してくれます。


正当な賃金評価をもらえず、ブラックで働いていたこともあった私は、転職したことで収入が増えてよかったです。ちなみに年収470万(ボーナス込み)で働かせて頂ける場を見つけられました。


B キャリアアドバイザーが優秀


何よりキャリアアドバイザーの方が優秀な点です。ふつうの就労相談員の方だと、こちらが伝える職業のイメージを一定の枠でしか考えてもらえないことがありますよね。


たとえば、「営業をやってみたい」と言っても、引き出しの少ないアドバイザーさんだと限られた営業しか教えてくれないこともあります。頭ごなしに「コレでいいでしょ」みたいな。しかし、DODAのアドバイザーさんの場合はかなり詳しいので心配不要


私のやっていた営業は、少しプレゼン色の強い営業だったので通じるか心配でした。それが、アドバイザーさんにはすぐ伝わり、「営業スタイルとしてはこういう仕事ですか?」と良い案件を教えてくれたということです。


通じるアドバイザーさんと話すと、こうも思った仕事をすぐに提供してくれるのかと思った瞬間でした。


DODAは使いやすさはバツグン。登録して連絡を待つだけ!


デメリットがあるとすれば、地方にいると相談できないということくらいでしょうか。それでも、相談なしで転職できるなら使ってしまう方が「高収入の案件」を地方でも見つけやすいです。


DODAは登録するとキャリアアドバイザーさんから連絡を待つのみと使いやすさバツグン。あとは、こちらの都合を伝えてしまえば問題ないのでぜひオススメです。


登録はコチラから⇒DODA