店長よりスタッフが偉いコンビニ | 女性(27歳)

店長がブラックスタッフの肩を持つダメっぷり

 

私は昔から仕事運がまるでありませんでした。どこの職場もあまりいい環境とは言えず、仕事面に限るなら、人よりもだいぶ苦労してきたと思います。

 

学生時代のアルバイトにしても、意地悪なパートがいたり、社長からセクハラを受けたりと散々な思い出ばかりです

 

そんな中でも、結婚後、家計を支えるために始めたコンビニエンスストアの仕事は群を抜いて最悪な職場でした。

 

大学を卒業したあと、私はある企業の事務員として働き始めました。

 

あまり働くことが好きではない私は、正社員で雇われたその企業も、結婚したらすぐに辞めるつもりでいました。

 

それに、自分の仕事運のなさはうんざりするほど理解できていたので、長く勤めてもどうせまた何かトラブルに巻き込まれるんだろうと達観していた部分もあります。

 

そして狙い通り、入社して2年目の夏に、他部署の先輩社員との結婚が決まりました。「これでしばらくは働かなくて済むんだな」とほっとしていました。

 

わずかばかりの退職金をもらい、朝は旦那の弁当を作って送り出し、日中は好きな時間に家事をしてのんびり暮らす毎日がスタートしました。

 

ところが、結婚生活も3カ月を過ぎたころ、平穏な日々が退屈に思えてきたのです。

 

それもそのはず、住んでいるところは田舎で、子どもがいるわけでもなかったので、昼間はすることが無かったのです。

 

旦那からおこづかいをもらっていた私ですが、ちょうどそのころネットオークションにはまり、もっと自分の自由になるお金が欲しいなと考えていました。

 

私は旦那に相談のうえ、近所で求人を探すことにしました。そしてある日、コンビニの入り口で求人の張り紙を見つけ、面接を受けてみることに。

 

過去に一度だけコンビニで働いたことがあります。そこは今まで生きてきた中で、唯一と言っていいほど楽な職場でした。

 

販売ノルマも無く、先輩も優しく、お客さんも気さくな方が多かったため、「ここのコンビニも、それほどきつい環境ではないだろう」と楽観的に考えて応募したのでした。

 

まあ、今考えればそれが全ての間違いだったのですが…。

 

すぐに採用されたコンビニ

 

面接は、店長ではなく、本部の社員が直接店にきて行われました。

 

勤務できる時間帯を聞かれ、簡単な質問に答えただけで「多分採用になると思います」と言われたのには驚きました。

 

きっと深刻な人手不足で、切羽詰っていたのだと思います。

 

社員の言葉通り採用となった私は、さっそく店内で研修を受けることになりました。

 

始めの一週間は、バックルームでビデオ研修を受けたのですが、ビデオ研修が始まってまだ3日目のある日、店長から「もうレジに出てくれない?」と頼まれたのです。

 

いや、まだビデオが途中なんですがと返すと、「そんなの適当に終わらせちゃっていいから!」との衝撃的なセリフが。

 

なんとなく違和感を覚えながらも、レジで袋詰めや検品の作業を教わりました。

 

レジを教えてくれた方はとても優しく、わかりやすかったので、10日目くらいにはだいたいのことを理解できていました。

 

新人いびりで人が辞めるも、対処をしないコンビニ店長

 

研修が始まって半月経ったころ、私は更衣室である女性から挨拶されました。金髪で、制服を着崩し、両耳にたくさんのピアスをつけた中年女性です。

 

たしか、ビデオ研修では金髪もピアスも禁止されていたと思うのですが言えませんでした。

 

あとでレジを教えてくれた方に聞くと、その女性(Aさん)は入院していて、今日からまた出勤を始めるとのことでした。

 

そしてその日から、Aさんの新人いびりが始まったのです…。

 

私の「いらっしゃいませ」の言い方が気にくわない、廃棄商品の確認が遅い、品出しが雑などダメ出しをするのです。

 

(他の方に聞いたところ、私のやり方に不備はなく、完全にAさんの言いがかりです)

 

そして機嫌の悪いときは、私の腰をバンッと叩くんです。

 

そこまでされる筋合いはないと言い返すと、周りの商品に当たり散らし、私にその片づけをさせるというとんでもない女性でした

 

Aさんは勤務年数が長く、周りの人たちも逆らえない様子。

 

このコンビニに求人があったのは、Aさんにいびられて新人が次々に辞めてしまうというのが理由だと分かったのです。

 

これでは仕事にならないと思った私は、すぐ店長に相談しました。ところが、店長は「Aさんは誤解されやすい性格だけど、話せばいい人だから」と取り合ってくれません。

 

なぜかブラックなスタッフの肩を持ち、自分も関わりたくないという姿勢。

 

あげく、レジ業務で採用されたはずの私に、調理業務をするよう持ちかけてきました。

 

レジ業務よりも調理業務のほうが時給が高いのですが、給料はレジ業務の時給のみで計算されています

 

これではただの雑用係です。採用されて一ヶ月が経ったころ、私はついにコンビニの仕事を辞めました。

 

電話で店長に今までのことを伝えると、急に態度が変わり「それじゃどこに行ってもやっていけないよ」と怒鳴られ恐怖を感じました。

 

どこに行ってもこんなお店だったら、さっさと潰れちゃいますよ。

 

怒りが込み上げてきて本部にも連絡をし、今までされたことや店長の態度を伝えました。今は別の仕事で頑張っていますが、もう二度とあんな体験はしたくないですね。

 

ちなみに、これは某有名コンビニの出来事ですが、このコンビニ自体の業績が落ちているニュースをみてザマーミロって感じです

 

でも、この店さえ潰れてくれたら良いだけなので、悪くも言えないですね。

 

オススメの転職エージェントはDODA〜私が評価する理由3つ〜



ブラック企業を抜け出すためにオススメなのは、当サイト管理人の私キタザワも利用した「DODA」という転職サイトです。


有名な会社なのですが、知らない方のためにDODAの良いところを、わかりやすく3つにまとめました。


ブラック労働から抜け出すために参考となれば幸いです。


@ 圧倒的な求人数も、非公開によって守られているので安心


DODAはインテリジェンス社によって運営されていますが、求人サイトでは大手のリクナビを追走する豊富な求人数を誇ります。10万件を超える求人が揃っており、「仕事が見つからないという状況が無いのでは?」と思えるほど。


私の利用時には、アドバイザーさんと相談をした際に4社の提案を受けています。もちろん、業種も別々で選びやすいです。これは、一度に提案してもらえるには十分な求人数でした。


圧倒的な求人がありながらも、8〜9割は非公開にしているため焦ってその場で決めなくても大丈夫。こういった余裕を感じさせてくれるのも、DODAの強みであると言えます。


A 仕事と給料は正当評価されるため、働きに見合った給料がもらえる


また、「転職すると収入が下がってしまう」という不安を持つ方に配慮された求人も目立ちます。「未経験であること」や「学歴を問われること」を恐れて、ブラックでも続けた方が良いと思う人も安心


それらの悩みが解消されるほど、相応の収入案件が並んでいるのもDODAの魅力。あらかじめアドバイザーさんに、サービス残業無しなどの希望があれば簡単に探してくれます。


正当な賃金評価をもらえず、ブラックで働いていたこともあった私は、転職したことで収入が増えてよかったです。ちなみに年収470万(ボーナス込み)で働かせて頂ける場を見つけられました。


B キャリアアドバイザーが優秀


何よりキャリアアドバイザーの方が優秀な点です。ふつうの就労相談員の方だと、こちらが伝える職業のイメージを一定の枠でしか考えてもらえないことがありますよね。


たとえば、「営業をやってみたい」と言っても、引き出しの少ないアドバイザーさんだと限られた営業しか教えてくれないこともあります。頭ごなしに「コレでいいでしょ」みたいな。しかし、DODAのアドバイザーさんの場合はかなり詳しいので心配不要


私のやっていた営業は、少しプレゼン色の強い営業だったので通じるか心配でした。それが、アドバイザーさんにはすぐ伝わり、「営業スタイルとしてはこういう仕事ですか?」と良い案件を教えてくれたということです。


通じるアドバイザーさんと話すと、こうも思った仕事をすぐに提供してくれるのかと思った瞬間でした。


DODAは使いやすさはバツグン。登録して連絡を待つだけ!


デメリットがあるとすれば、地方にいると相談できないということくらいでしょうか。それでも、相談なしで転職できるなら使ってしまう方が「高収入の案件」を地方でも見つけやすいです。


DODAは登録するとキャリアアドバイザーさんから連絡を待つのみと使いやすさバツグン。あとは、こちらの都合を伝えてしまえば問題ないのでぜひオススメです。


登録はコチラから⇒DODA