給料未払いで泣き寝入り。糞アパレル会社 | 男性(28歳)

賃金未払い、社長の無責任さ。悔しい・・なぜこんなところに就職したのか

 

私が勤めたアパレル会社は最初はバイトで入りました。

 

「バイトよりも給料が安定する・ボーナスも出る」と必死に社員になる事を勧められた影響があります。人手不足で、ひたすら人材確保をしていたようです。

 

しかし、いざ社員となり蓋を開けてみると、給料が1ヶ月2ヶ月遅れることは当たり前

 

一人暮らしをしている身としては、1ヶ月でも給料が遅れることは、家賃や日々の支払いなど生活費の面でかなり苦しいのです。

 

制服として安くないお店の洋服を実費で購入しなければいけないことも当たり前

 

(アパレルは社員割引でお得というけど実際は自爆営業みたいなもの。セールの時に買う感覚と変わらない)

 

月々2〜3万は服代で消え、生活はかなり厳しかったですね。服は好きでも、欲しいときに買えないので服が嫌いになる人もいるくらいです

 

給料未払いが常態化している糞企業

 

私が社員になって3ヶ月目の時、店長に相談し、本社の方に給料が遅れることは生活が苦しくなると伝えることにしました。しかし返事は無し。

 

店舗で勤務しているため、本社の方と直接話をする機会はなく、メールでのやりとりが基本でした。

 

他の予算や人事の件に関してのメールの返信はある中、給料の件に関しては同じ文面を3通送っても返事は無し。

 

本社に電話で連絡を入れると『取引先とのやりとりの関係で、振り込みが遅れている。だから給料の振込み遅れを待って欲しい』と言われます。

 

「自社が悪いわけではない。今月までの遅延だから理解してほしい」と言うばかり。

 

会社としては、謝罪の気持ちしかないと言います。というか、謝罪の気持ちがあるならお金くらい借りて従業員に払えって思いました

 

しかし、そのまま連絡もなく。当たり前のように毎月の支払い日に振り込まれていない事態は続きます。自転車操業してたんでしょうね。本当にだらしない会社

 

店長に相談しても「店長も苦労しているから、一緒に我慢しようね」というだけ。現状を改善しようとする意図はなく、がんばろうというだけでした。

 

催促をしなければ2ヶ月間給料が遅延することもあり、毎月の給料を催促して支払われる状況が続いていました。

 

この会社を退職した本社スタッフから話を聞くと、本社スタッフも半年間給料をもらっていなかったという事態

 

退職後もそれは支払われることはなかった、、と。退職を何度も考えたが、お店の人数不足もあり、退職をすることも出来ず、仕事のモチベーションが下がる一方でした。

 

なのに、「予算以上の売り上げをしっかり作るように」と本社からの要望。もう何が何やらわからない超ブラック企業です。

 

社長の考えが、思考的に理解できない

 

給料遅延が1年以上続く中で、ボーナス月となった時に、期待はしていなかったものの催促しました。すると、予想通りボーナスはないと告げられます

 

ボーナスの支払い月に何の連絡もなく、基本の金額しか振り込まれておらず、疑問に思いこちらから質問するとその返答。開いた口が塞がりませんでした。

 

「払えるわけないだろう!分かっているよな!?」という高圧的な対応。せめて、ボーナスが支払えないとしても、事前に連絡を入れるべきだと思います。

 

「ボーナスが出て給料も良い」という誘いで入社したのは、口から出まかせだったということです。

 

邪険に扱われることに、周りのスタッフたちも不満が募るばかりでした。

 

さすがに、もう直接社長と話がしたいと思い、ミーティングの時間を作ることになるも、いざミーティングの時間になっても社長は現れず。

 

スタッフが待つ中、忙しいから今日は無理だ!無理だ!とドタキャンが続きました。

 

ミーティングをすると決まってから半年後に、やっと社長と話ができる状況になり給料遅延はもう改善されないのか、出来ないのであれば退職をさせてほしいと伝えました。

 

社長は、逆切れ気味に「給料が遅延しても、給料は払っている。家賃引き落とし日に家賃が払えなくても、給料が入ってから払えばいいじゃないか」という無茶苦茶な思考

 

こちらは、クレジットの支払いが遅れればブラックリストにも載るのに・・。今後の生活にはすぐさま問題ではないだろうという姿勢です。

 

この返事は、会社のトップとしても一人の人間としても、理解しがたく呆気にとられました。ミーティングの内容は、謝罪でもなく、遅延の理由を説明する訳でもなく。

 

ただただ社長の「なぜそんなに催促するのか?」という八つ当たりの言葉と、雇っているのだから売り上げをもっと上げるようにという論点のずれたもので終わりました。

 

給料も支払わず、売り上げを伸ばす要求だけはちゃっかりする社長の人間性。経営者となるべき人間ではないですね

 

給料は未払いのままで、泣き寝入りさせられた

 

その後はこの会社に見切りを付け、退職後に今まで支払いが滞っている分の支払いをしてもらおうと労基署に相談しました。

 

しかし、労基署が本社に電話しても社長が応じることは一切ありません。本社スタッフが電話に出ても社長は外出!の一点張りで話は進みませんでした。

 

社長は居留守を使っており労基署の方が家に訪れても、家の電気は付いているが出てくることは一度もなかったと言われました。お手上げの状態ですよ・・。

 

本当にこの会社に入社し働いてきた事に後悔しました。もっと早く退職をするべきだったことと、社長がこのような人間だと早く分かることが出来ていたらよかったのに・・と。

 

この会社が今でも、まだ平然とアルバイト募集の広告を出していること、社員を募集している現状をとても恐ろしく思います。

 

営業する余裕があるのか、疑問ばかりですが。まだまだ同じように苦労して泣き寝入りしているスタッフがたくさんいることは事実でしょう

 

人生の大半の時間を費やす会社のトップや上の人間が腐っていて、ここまで社員の生活を疎かにしている会社は早く潰れて欲しいです。

 

こんなブラック企業が、これからもさも当たり前のようにあり続けるなんて最悪です。

 

オススメの転職エージェントはDODA〜私が評価する理由3つ〜



ブラック企業を抜け出すためにオススメなのは、当サイト管理人の私キタザワも利用した「DODA」という転職サイトです。


有名な会社なのですが、知らない方のためにDODAの良いところを、わかりやすく3つにまとめました。


ブラック労働から抜け出すために参考となれば幸いです。


@ 圧倒的な求人数も、非公開によって守られているので安心


DODAはインテリジェンス社によって運営されていますが、求人サイトでは大手のリクナビを追走する豊富な求人数を誇ります。10万件を超える求人が揃っており、「仕事が見つからないという状況が無いのでは?」と思えるほど。


私の利用時には、アドバイザーさんと相談をした際に4社の提案を受けています。もちろん、業種も別々で選びやすいです。これは、一度に提案してもらえるには十分な求人数でした。


圧倒的な求人がありながらも、8〜9割は非公開にしているため焦ってその場で決めなくても大丈夫。こういった余裕を感じさせてくれるのも、DODAの強みであると言えます。


A 仕事と給料は正当評価されるため、働きに見合った給料がもらえる


また、「転職すると収入が下がってしまう」という不安を持つ方に配慮された求人も目立ちます。「未経験であること」や「学歴を問われること」を恐れて、ブラックでも続けた方が良いと思う人も安心


それらの悩みが解消されるほど、相応の収入案件が並んでいるのもDODAの魅力。あらかじめアドバイザーさんに、サービス残業無しなどの希望があれば簡単に探してくれます。


正当な賃金評価をもらえず、ブラックで働いていたこともあった私は、転職したことで収入が増えてよかったです。ちなみに年収470万(ボーナス込み)で働かせて頂ける場を見つけられました。


B キャリアアドバイザーが優秀


何よりキャリアアドバイザーの方が優秀な点です。ふつうの就労相談員の方だと、こちらが伝える職業のイメージを一定の枠でしか考えてもらえないことがありますよね。


たとえば、「営業をやってみたい」と言っても、引き出しの少ないアドバイザーさんだと限られた営業しか教えてくれないこともあります。頭ごなしに「コレでいいでしょ」みたいな。しかし、DODAのアドバイザーさんの場合はかなり詳しいので心配不要


私のやっていた営業は、少しプレゼン色の強い営業だったので通じるか心配でした。それが、アドバイザーさんにはすぐ伝わり、「営業スタイルとしてはこういう仕事ですか?」と良い案件を教えてくれたということです。


通じるアドバイザーさんと話すと、こうも思った仕事をすぐに提供してくれるのかと思った瞬間でした。


DODAは使いやすさはバツグン。登録して連絡を待つだけ!


デメリットがあるとすれば、地方にいると相談できないということくらいでしょうか。それでも、相談なしで転職できるなら使ってしまう方が「高収入の案件」を地方でも見つけやすいです。


DODAは登録するとキャリアアドバイザーさんから連絡を待つのみと使いやすさバツグン。あとは、こちらの都合を伝えてしまえば問題ないのでぜひオススメです。


登録はコチラから⇒DODA