新卒社員は洗脳されやすいのでご注意を | 女性(27歳)

新卒社員は洗脳されやすいのでご注意を | 女性(27歳)

 

私が大学を卒業してから就職した会社は、「お客さま命!」の精神が強すぎるところでした。もちろん、悪い意味で

 

社員はいわゆる「社畜」状態となり、過度な勤務状態を受け入れていたのです。ブラック要素としては、以下4つ。

 

@ ありえないほど長時間の労働。そして残業代は無し
A 勤務内容に明らかに見合わない低賃金
B 研修という名目での「洗脳」
C 嘘で塗り固められた会社

 

以上です。あまりにも腹立たしいので細かく説明して、うっぷんを晴らさせていただきます。

 

@ ありえないほど長い労働時間。そして残業代は無し

 

この会社は本社の下に複数の店舗があるため、他の店舗の状況はわかりませんが、私は基本的にシフト自体がほぼ毎日15時間で組まれていました。

 

その時間のほとんどが現場に出ているため、事務作業などはそれ以外の時間に行わざるをえません。その分の残業代は「無し」です。

 

当時はそれが普通すぎて何も思っていませんでした。新卒社員というのは、いわば子ども。社会の常識も知らないのでブラックでも受け入れてしまうんですね

 

社員の住所も関係なく配属されるため、私は片道1時間半かけて通勤。早朝6時に家を出て、帰宅は1時半といった生活。

 

休みは月3回あれば良い方でしたが、繁忙期だと40連勤ぐらいはしていました。同期には3ヶ月以上休みが無い子もいました

 

それでも身体を壊さなかったのは今でも不思議です。

 

A 勤務内容に明らかに見合わない低賃金

 

元々この業種は、どこの会社であろうと給料が安いことで有名です。

 

しかし、同業種他会社の友達に給料を言うといつも驚かれました。@のような勤務内容にも関わらず、多い時でも15万円ぐらいだったので

 

私は勤続2年半で平社員のまま退職したので、それ以上の役職の給料は知りませんが、似たりよったりではないかと思います。

 

その証拠に、係長クラスの方でも、家族4人を養えなくて、休日に交通誘導のバイトをしていると言っていましたから…。

 

B 研修という名目での「洗脳」

 

この会社は、他社よりも研修が多いことを売りにしていました。

 

しかし、この研修も自分の公休日を充てるように指示されていましたので、結局社員にとっては休みが潰れるだけで苦痛。

 

研修の内容は詳しくは言えませんが(身バレが怖いので)、勤務内容とは直結しないものばかり。

 

愛社精神を持つように」とか、仕事を与えられていることに「感謝の心を持て」だとか・・。

 

今思えばブラックさを何とか社員に感じさせないように洗脳しているような内容でした今では精神・心の話を会社で聞くと吐き気がします

 

こういう洗脳がある企業はブラック過ぎて、ブラックじゃないと思い込まされるから怖いんですよね。

 

実際私も入社1年目までは、まんまと洗脳されています。「この会社で頑張ってどんどん上の役職を目指そう!」と意気込んでいました。

 

新卒や20代くらいの若い子は特に信じ込んで頑張っていました。他を知らないからこうなるわけで・・怖いですよね。

 

他会社はどうかわかりませんが、この会社は私から見ても退職者がすごく多かったです。

 

若い人や独身の人だけでなく、50歳を超えて家庭を持っている人でも辞める人が非常に多かったので。

 

結局会社に残っているのは、洗脳されてしまった人か、転職のリスクよりブラック企業に務める方がマシだと思っているの人のどちらかでした

 

C 嘘で塗り固められた会社

 

前述したように、かなりの長時間労働の会社ですが、何故監査に引っかからないのか。

 

詳しくは知りませんが、それについて調べた社員がいました。

 

全社員は毎月勤務表をエクセルで作って本社に提出するんですね。

 

その勤務表にはシフトに示された時間のみを書く(残業した分は書かない)のですが、それでも月200時間は余裕で越えますし、公休も3日とかです。

 

これではもちろん労働基準法違反なのでアウトなのですが、本社の経理の人が毎月この勤務表のデータを改ざんしているそうです

 

月に100時間ほど勤務時間を減らして書き換えられている人もいました。

 

私はこの話を聞いた時、鳥肌が止まらず、恐怖をおぼえました。これは、外からわからないわけだと・・。

 

以上のような理由により、私も体力的にも精神的にも限界が来ていて、入社2年半経ったころに退職を考え始めました。

 

会社のために頑張るのがアホらしくなって、これも詳しくは言えませんが、明らかにやる気のない態度で仕事をしたり、少しずつ会社に刃向かうような行動をするようになりました。

 

すると、会社側から「もう辞めるよね?」と言われました。(この時、まだ私は辞めるとは一言も言っていませんでした。)

 

私も「退職を切り出す手間が省けた。」と思って、そのまま辞めることにしました。クビと変わりません。

 

驚いたのは、その後本社の人が来て「こんな辞め方じゃ不本意やと思うし、何か新しいこと始めたいとかの理由で辞めることにしといて。」と言われたことです。

 

もうどうでも良かったので、向こうの言われるがままに退職しましたが。「会社都合では絶対に辞めさせない」という空気はひどかったです。

 

あとから知ったのですが、会社都合だと失業保険を貰えるのが早まるはずだったのです。自社の評判を守るのはいいのですが、開いた口がふさがらないですね。

 

復習したくなるほどの会社。今思い出しても胸糞の悪さしか残っていない。

 

今思い出してもと本当に胸糞悪いです。何か復讐したかったです。

 

2年半しかこの会社にはいませんでしたが、色々な意味で社会の厳しさを実感しました。

 

1度は信じた会社だっただけに、どんどん出てくる真っ黒な部分に何回も失望させられて・・。

 

もう辞めてから3年ほど経ちますが、未だに現実が受け入れ難く、「世の中にはホワイトな会社は存在しないのではないか?」という疑問まで持っているほどです。

 

今の職場はさすがにここまでひどくは無いですが・・。

 

まだこの会社で働いている一部の人とは交流があるので、会社の情報は入ってくるのですが、ストレスや過労が原因で病気になった人の話は全然聞きません。

 

昔、鬱病になった人が1人いたらしいですが、訴訟を起こしたけれど何らかの形でねじ伏せられたと聞きました

 

ブラック企業の過労死ニュースをいっそうよく聞くご時世になってきているので、どうかこの会社でそのような人が出ないことを祈るばかりです。

 

オススメの転職エージェントはDODA〜私が評価する理由3つ〜



ブラック企業を抜け出すためにオススメなのは、当サイト管理人の私キタザワも利用した「DODA」という転職サイトです。


有名な会社なのですが、知らない方のためにDODAの良いところを、わかりやすく3つにまとめました。


ブラック労働から抜け出すために参考となれば幸いです。


@ 圧倒的な求人数も、非公開によって守られているので安心


DODAはインテリジェンス社によって運営されていますが、求人サイトでは大手のリクナビを追走する豊富な求人数を誇ります。10万件を超える求人が揃っており、「仕事が見つからないという状況が無いのでは?」と思えるほど。


私の利用時には、アドバイザーさんと相談をした際に4社の提案を受けています。もちろん、業種も別々で選びやすいです。これは、一度に提案してもらえるには十分な求人数でした。


圧倒的な求人がありながらも、8〜9割は非公開にしているため焦ってその場で決めなくても大丈夫。こういった余裕を感じさせてくれるのも、DODAの強みであると言えます。


A 仕事と給料は正当評価されるため、働きに見合った給料がもらえる


また、「転職すると収入が下がってしまう」という不安を持つ方に配慮された求人も目立ちます。「未経験であること」や「学歴を問われること」を恐れて、ブラックでも続けた方が良いと思う人も安心


それらの悩みが解消されるほど、相応の収入案件が並んでいるのもDODAの魅力。あらかじめアドバイザーさんに、サービス残業無しなどの希望があれば簡単に探してくれます。


正当な賃金評価をもらえず、ブラックで働いていたこともあった私は、転職したことで収入が増えてよかったです。ちなみに年収470万(ボーナス込み)で働かせて頂ける場を見つけられました。


B キャリアアドバイザーが優秀


何よりキャリアアドバイザーの方が優秀な点です。ふつうの就労相談員の方だと、こちらが伝える職業のイメージを一定の枠でしか考えてもらえないことがありますよね。


たとえば、「営業をやってみたい」と言っても、引き出しの少ないアドバイザーさんだと限られた営業しか教えてくれないこともあります。頭ごなしに「コレでいいでしょ」みたいな。しかし、DODAのアドバイザーさんの場合はかなり詳しいので心配不要


私のやっていた営業は、少しプレゼン色の強い営業だったので通じるか心配でした。それが、アドバイザーさんにはすぐ伝わり、「営業スタイルとしてはこういう仕事ですか?」と良い案件を教えてくれたということです。


通じるアドバイザーさんと話すと、こうも思った仕事をすぐに提供してくれるのかと思った瞬間でした。


DODAは使いやすさはバツグン。登録して連絡を待つだけ!


デメリットがあるとすれば、地方にいると相談できないということくらいでしょうか。それでも、相談なしで転職できるなら使ってしまう方が「高収入の案件」を地方でも見つけやすいです。


DODAは登録するとキャリアアドバイザーさんから連絡を待つのみと使いやすさバツグン。あとは、こちらの都合を伝えてしまえば問題ないのでぜひオススメです。


登録はコチラから⇒DODA