自腹がとにかく多い。ブラックな体質 | 男性(38歳)

勉強、セミナー。稼いだお金は自腹で勉強させられるブラック!

 

私が勤めている会社はかなり封建的な会社です。営業として働いていますが、辞めたいけど辞められません。

 

自分の仕事がなくなったら、他の人の仕事を手伝わないといけないという暗黙の了解があります

 

そのため自分の仕事が終わったにもかかわらず、帰ろうとすると「他の人の仕事を手伝いなさい」と言われ怒られてしまいます。

 

仕事が遅い社員を毎日手伝っているので、帰宅時間は毎日午後11時ぐらいになってしまいます。ちなみに他の人の仕事を手伝っていても、一切お金はもらえません。

 

ですので、正直者だけが馬鹿を見て適当にサボって仕事をしている人が得をしている状況になっています

 

仕事の能力は人それぞれで仕方がないのですが、この環境はおかしいです。そのため、一生懸命やっていた人も堕落する環境です。

 

労働局をごまかし切るブラック!

 

上司からパワハラを受けることもあります。

 

失敗をしてしまうと、「お前は本当にダメなやつだ。土日を潰してでも仕事をして何とか取り戻せ」とよく言われます。

 

また、他の人が見ているにもかかわらず人前で大声で怒鳴りつけることもよくあります。公開することで、失敗者を許さない風習ができているのです。

 

それだけではなく部下が成功した手柄を上司が自分の物だ、私が成功したんだと当然のことのように経営陣に説明します。

 

そして仕事が終わったら週に、3日ぐらいは強制的に飲みに誘われ、上司から説教を受けます。それにもかかわらず、お金は折半でおごってもくれません。

 

お酒が飲めない私は半ば飲み代をアシスト要員。もし生活が困窮していなければ会社を辞めたいと思っています。他に行くところがなくキツイ・・。

 

私が勤めている会社は業績が思わしくなく、業績を上げるためにサービス残業が前提になっています。みんな定時になったらタイムカードを押しに行っています。

 

労働組合もそれについては黙認している状況。経営陣は売上と利益のことしか考えていないので、社員のサービス残業については率先して勧める状況。

 

こんな状況なので、以前誰かが労働基準監督署に告発したことがあるのですが・・。当たり前のようにごまかし切っていきました

 

しっかりしてくれよ・・と思いますが、労基も踏み込めないようにごまかす術だけは長けた企業です

 

経営陣はサービス残業は一切していない、確かに長時間労働にはなっているので改善策を出して実行しますと言っただけで何もしていません。

 

今のところサービス残業については何も改善していないのが現状です。

 

社風が古いので、新しい提案をしても「それは前例がないから」と言われ却下される事が多々あります。

 

滅私奉仕の精神。もはや古すぎます

 

そして新入社員は先輩や上司のために、自分を犠牲にして滅私奉公をしなければならないという考えがあります

 

ですので、最近の新入社員は入って1年ぐらいで半分は辞めていきます。

 

また「お客様は神様です」という考えが当たり前になっているため、お客さんの言うことはすべて聞き入れて実行しなければなりません。

 

社員はみんな苦しみながら仕事をしています。先輩のマッサージが、業務後に待っていることもあるので本当に酷いです。

 

それでいて自分のことは全て自分でしなければならず、失敗したとしてもそれはその人の責任にされてしまい降格人事も出されてしまいます。

 

このような社風なので、社員はみんなやる気が無く、先輩や上司の顔色を伺い新たなことにも挑戦することなくただ時間が過ぎるのを待っているかのようです。

 

会社の業績はどんどん下がっていて、私たちの給料はそれに比例して下がっています。

 

意味の無い、資格取得もすべて自費

 

また、勉強を強要する経営陣が、「この本はおすすめだ」と社員に本を読ませることがよくあります。

 

その時は社員には自ら本を買わせ、読書感想文を出させます。ひょっとして、出版元と何か繋がりがあるのではと疑うほど。月2冊は買わされます

 

その本を読まなければ、後で別室に呼ばれて経営陣から直々に2時間も説教を受けてしまいます。

 

そのため社員は本を買わざるを得ず、読書感想文も書かなければいけません。

 

小中学生のやっていることと何ら変わりありません。

 

それだけでなく、勉強して試験を受けさせられたとしても一切給料は上がりません。仕事の内容に全く意味のないような資格試験を、社員のお金で受けさせられるのです。

 

資格試験のために帰宅後や休日も勉強しなければならず、試験日時も休日に行われるためプライベートが犠牲になっています。

 

試験に合格しなければ、当然これも経営陣から数時間の説教を受けます。そして、社員の実費で再試験を受けさせられる・・。

 

何の意味もない無駄な自己啓発セミナーも参加させられるのですが、かけている費用は本も合わせると年間で数万円に及びます。

 

非正規社員の扱いがひどい

 

契約派遣社員の対応がひどすぎる社内では、正社員と非正規社員との格差が激しいです。

 

労働組合があるのですが、組合に参加できるのは正社員。非正規社員には組合がありません。

 

そのためボーナスの金額アップの交渉には、契約社員や派遣社員には全く関係ありません。

 

社内での扱いも相当ひどく、上司は「どうせあいつは非正規なので使えない」とか、「使えなければ代わりを探して来ればいい」など、そういう事を平気で言います

 

上司だけでなくお局社員まで、新しく入ってきた派遣社員の女性をいじめたりします。

 

会社のポストと言えるぐらいのお局さんは、新しく入ってきた派遣社員の人が気に入らなかったのか3人ほどいじめて辞めさせています。

 

こんな労働状況なので、私も辞めたいのですが・・。辞めて次で働ける自信もないので、しがみついているだけなのです

 

私は、非正規から正規に変えてもらったこともあるので、辞めたいが言い出せないなどもあるという。。強くならないとなと思うばかりです。

 

オススメの転職エージェントはDODA〜私が評価する理由3つ〜



ブラック企業を抜け出すためにオススメなのは、当サイト管理人の私キタザワも利用した「DODA」という転職サイトです。


有名な会社なのですが、知らない方のためにDODAの良いところを、わかりやすく3つにまとめました。


ブラック労働から抜け出すために参考となれば幸いです。


@ 圧倒的な求人数も、非公開によって守られているので安心


DODAはインテリジェンス社によって運営されていますが、求人サイトでは大手のリクナビを追走する豊富な求人数を誇ります。10万件を超える求人が揃っており、「仕事が見つからないという状況が無いのでは?」と思えるほど。


私の利用時には、アドバイザーさんと相談をした際に4社の提案を受けています。もちろん、業種も別々で選びやすいです。これは、一度に提案してもらえるには十分な求人数でした。


圧倒的な求人がありながらも、8〜9割は非公開にしているため焦ってその場で決めなくても大丈夫。こういった余裕を感じさせてくれるのも、DODAの強みであると言えます。


A 仕事と給料は正当評価されるため、働きに見合った給料がもらえる


また、「転職すると収入が下がってしまう」という不安を持つ方に配慮された求人も目立ちます。「未経験であること」や「学歴を問われること」を恐れて、ブラックでも続けた方が良いと思う人も安心


それらの悩みが解消されるほど、相応の収入案件が並んでいるのもDODAの魅力。あらかじめアドバイザーさんに、サービス残業無しなどの希望があれば簡単に探してくれます。


正当な賃金評価をもらえず、ブラックで働いていたこともあった私は、転職したことで収入が増えてよかったです。ちなみに年収470万(ボーナス込み)で働かせて頂ける場を見つけられました。


B キャリアアドバイザーが優秀


何よりキャリアアドバイザーの方が優秀な点です。ふつうの就労相談員の方だと、こちらが伝える職業のイメージを一定の枠でしか考えてもらえないことがありますよね。


たとえば、「営業をやってみたい」と言っても、引き出しの少ないアドバイザーさんだと限られた営業しか教えてくれないこともあります。頭ごなしに「コレでいいでしょ」みたいな。しかし、DODAのアドバイザーさんの場合はかなり詳しいので心配不要


私のやっていた営業は、少しプレゼン色の強い営業だったので通じるか心配でした。それが、アドバイザーさんにはすぐ伝わり、「営業スタイルとしてはこういう仕事ですか?」と良い案件を教えてくれたということです。


通じるアドバイザーさんと話すと、こうも思った仕事をすぐに提供してくれるのかと思った瞬間でした。


DODAは使いやすさはバツグン。登録して連絡を待つだけ!


デメリットがあるとすれば、地方にいると相談できないということくらいでしょうか。それでも、相談なしで転職できるなら使ってしまう方が「高収入の案件」を地方でも見つけやすいです。


DODAは登録するとキャリアアドバイザーさんから連絡を待つのみと使いやすさバツグン。あとは、こちらの都合を伝えてしまえば問題ないのでぜひオススメです。


登録はコチラから⇒DODA