勝手に辞めさせられるも、願ったりかなったり | 男性(29歳)

ブラックに首を切られてある意味ラッキーかな

 

私が大学2年生の頃の話です。

 

私は当時の夏から、とある個人経営の飲食店でアルバイトとして働いていました。業務は、皿洗い・調理補助・テーブルのセッティング等。

 

そのアルバイト先で辛い経験をした為、ここに綴らせていただきます。

 

以下に辛かった事を挙げていきます。まず最初に、作業環境が非常に酷かったのを覚えています。それこそ洗い場の環境は劣悪でした

 

まず、根本的に皿を置く場所が無い。皿は当然落ちれば割れてしまうため、安定性のある場所に置く必要がありますよね?

 

でもここは、一定量のお皿を置いた段階で、もう置ける場所が無くなってしまいます。狭くて、ごったになった環境なのです。

 

その為、どうすればいいのかを先輩に確認したところ、棚の隙間やその他、とにかく空いた場所に置けと言われました。

 

それらの場所は全て、安定性が無い場所であり、いつ皿がずれ落ちてもおかしくありません。

 

ここまでくると、そういった場所に置いた皿が割れてしまう事については不可抗力と解釈されるのが普通かと思いますが・・。これがブラック企業たるものかと思うところ。

 

実際はそうではなく、「置くことが下手」だのと嫌味を言われる事が非常に多かったです。割った枚数が多い人は、罰金で給料から引かれていたのも見ています。

 

嫌味満載の上司の人間性

 

上司の人間性も最悪でした。特に酷かったのは接客担当のチーフでした。

 

まず、私はもともと接客をしたかった為、ホールスタッフとして入ったのですが、実際にやらされていた事はそれとはまったく違う皿洗いや調理補助でした。

 

その為、チーフは何か嫌味を言う際、何かにつけて「あなたはもともとホールで雇われているんですからね。」と付け加えてきていました。

 

私からすれば、「ろくに研修もせず、バックヤードの雑用係ばかりやらせておきながら何を言っているのだ白々しい」、としか思えません。

 

また、年末に社内でパーティがあったのですが、その代金がほぼ店長のおごりでした。こう聞くといい感じですが。

 

後日、言える時にお礼を言っておこうと思った矢先に、チーフから「店長にお礼言った?当り前じゃないんだからねー」と厭味ったらしい一言。

 

チーフが払ったなまだしも、「お前はびた一文出してないでしょ」って感じです。人間性に嫌気がします。

 

そもそもこの会社は、店長も客の前で調理を行っている為、好きな時にお礼を言ったり話しかけたりする事など全くできません。

 

そんな事をしようものなら、仕事の邪魔ものになってしまう為、お礼は「言える時」が来ないと言えない、という状態。

 

それにもかかわらず、そういった嫌味を言われるのが、非常に腹立たしかったです。

 

会社側の理不尽で辞めさせられたけど、ある意味ではラッキー

 

更にチーフの嫌味はエスカレート。同じく当時の年末、繁忙期に緊急で早めにシフトに入るように言われましたが、そのお話があったのが「前日」でした。

 

1週間、ないしは3日前とかならまだしも「前日」です。

 

その為、いったんは断った所、「いつもお世話になってるのに?恩返ししようとか思わないの?」と言ってくる始末。

 

急にものを頼んできた立場なのにもかかわらず非常に態度が厚かましいのです

 

当時はしぶしぶ受け入れましたが、今であればおそらくクビになってでも強く断っているでしょう。今でもそれが出来なかったことを心残りに感じています。

 

店長も人間的に問題がありました。当時の年末、私は年末年始を地元で過ごす予定だった為、年内最後の勤務が終わったら帰郷するつもりでいました。

 

その為、最後の勤務を終えて帰ろうとしたところ、「店長に、今年はありがとうございましたって言った?」と社員に言われました。

 

なんとも、この会社は年内最後の労働時に店長にそのような挨拶をする風習があるらしいです。

 

挨拶は良いのですが、気持ちの問題では無く強制で行う気持ち悪さがありました。

 

私に対してそれに関係した情報は一片も伝わっていませんでした。

 

その為、仕方がないので挨拶をして帰ろうとしたのですが、もう店長は帰ってしまっているとの事。

 

それ故、次の日の午前中に顔を出して挨拶だけして帰ろうという提案を社員の方にした所、「だったらついでに働いて帰れ!」と怒鳴られます。なぜ怒りのスイッチ?(苦笑)

 

ですが、その日には同窓会があった為、働いて帰ると間に合いません。そもそも、いきなり予定にない出勤を強制してきた事がおかしな話。

 

仕方なく挨拶を断念して帰った所、店長がそれに腹を立てたらしく、私は解雇されてしまったのです

 

諸々の状況を考えれば不可抗力で、風習そのものがおかしなものであったのにもかかわらず。

 

ですが、このような会社と縁を切るきっかけが出来てほっとしました。

 

その後、スーパーマーケットのアルバイトに就きましたが、ここでの経験に比べたら遥かに天国だと感じました。

 

辞めるきっかけが無くて苦しむブラック企業のスタッフさんは多いと聞きますが、このようにすっぱり切ってくるところで働けるだけまだマシなのかなと思うばかりです。

 

意外と、ブラック企業で働くと次の仕事が楽になるので、転職して嫌なところはさっさとおさらばすることをオススメしたいと思いますね

 

オススメの転職エージェントはDODA〜私が評価する理由3つ〜



ブラック企業を抜け出すためにオススメなのは、当サイト管理人の私キタザワも利用した「DODA」という転職サイトです。


有名な会社なのですが、知らない方のためにDODAの良いところを、わかりやすく3つにまとめました。


ブラック労働から抜け出すために参考となれば幸いです。


@ 圧倒的な求人数も、非公開によって守られているので安心


DODAはインテリジェンス社によって運営されていますが、求人サイトでは大手のリクナビを追走する豊富な求人数を誇ります。10万件を超える求人が揃っており、「仕事が見つからないという状況が無いのでは?」と思えるほど。


私の利用時には、アドバイザーさんと相談をした際に4社の提案を受けています。もちろん、業種も別々で選びやすいです。これは、一度に提案してもらえるには十分な求人数でした。


圧倒的な求人がありながらも、8〜9割は非公開にしているため焦ってその場で決めなくても大丈夫。こういった余裕を感じさせてくれるのも、DODAの強みであると言えます。


A 仕事と給料は正当評価されるため、働きに見合った給料がもらえる


また、「転職すると収入が下がってしまう」という不安を持つ方に配慮された求人も目立ちます。「未経験であること」や「学歴を問われること」を恐れて、ブラックでも続けた方が良いと思う人も安心


それらの悩みが解消されるほど、相応の収入案件が並んでいるのもDODAの魅力。あらかじめアドバイザーさんに、サービス残業無しなどの希望があれば簡単に探してくれます。


正当な賃金評価をもらえず、ブラックで働いていたこともあった私は、転職したことで収入が増えてよかったです。ちなみに年収470万(ボーナス込み)で働かせて頂ける場を見つけられました。


B キャリアアドバイザーが優秀


何よりキャリアアドバイザーの方が優秀な点です。ふつうの就労相談員の方だと、こちらが伝える職業のイメージを一定の枠でしか考えてもらえないことがありますよね。


たとえば、「営業をやってみたい」と言っても、引き出しの少ないアドバイザーさんだと限られた営業しか教えてくれないこともあります。頭ごなしに「コレでいいでしょ」みたいな。しかし、DODAのアドバイザーさんの場合はかなり詳しいので心配不要


私のやっていた営業は、少しプレゼン色の強い営業だったので通じるか心配でした。それが、アドバイザーさんにはすぐ伝わり、「営業スタイルとしてはこういう仕事ですか?」と良い案件を教えてくれたということです。


通じるアドバイザーさんと話すと、こうも思った仕事をすぐに提供してくれるのかと思った瞬間でした。


DODAは使いやすさはバツグン。登録して連絡を待つだけ!


デメリットがあるとすれば、地方にいると相談できないということくらいでしょうか。それでも、相談なしで転職できるなら使ってしまう方が「高収入の案件」を地方でも見つけやすいです。


DODAは登録するとキャリアアドバイザーさんから連絡を待つのみと使いやすさバツグン。あとは、こちらの都合を伝えてしまえば問題ないのでぜひオススメです。


登録はコチラから⇒DODA