ウェブディレクターになりたかったのに・・ | 男性(37歳)

ウェブディレクターに就職したつもりが・・

 

2015年11月に私(男性、37歳)は、転職活動の末、ある不動産仲介のベンチャー企業にWEBディレクター職として就職しました。

 

給与は手取り25万、土日祝は休み、試用期間中は定時で帰宅してよい、条件面、特に給与面は試用期間後に改めて決めましょうという雇用契約を結び就業にあたりました。

 

初日当日、オフィスはワンフロアで15名程度の社員が働いておりました。

 

早速、自社HPのリニューアルを任されていた私は業務にとりかかろうとした時、代表に呼ばれ、常務とともに応接室に入りました。

 

「K君には、2期目の事業展開として4つの事業と1つの既存事業のリサーチと分析、計画書作成にあたって欲しい」と言われます。

 

社長直属の経営企画をしてもらいたいとあっさり職務チェンジかと思いきや、並行してサイトのリニューアルもお願いしたいと言います。

 

同時進行ですので、かなりの負担のかかる仕事を負わされることになりました。さっそく契約条件が違うことに違和感を覚えました。

 

その後1カ月は、既存事業の空き家リノベーションの立て直しをはかりながらサイト制作会社と打ち合わせを行います。

 

この1カ月、はじめの契約とは違い、ほぼ毎日、終電でフラフラになって帰ってました。いきなり約束と違うため、私の中ではすでに会社を信用できなくなっていましたね。

 

仕事量が多く、休む間もない日々

 

また、常務とは事業を巡って激しく口論することもありました。

 

他の内勤者は、ほぼ女性だったのですが、男性一人というのも大変、気を遣う毎日でした。

 

さらに次の1カ月は海外事業を展開したいということで、英語ができる私がベトナムに2度の出張をし、その費用は後払いでした

 

試用期間の最後月は新規事業4つをリサーチからはじめなくてはならず、誰かが手伝ってくれるはずもなく・・・。

 

1日のタスク量が、これまで勤め上げた中ではじめてみるタスクの多さでした。

 

そして毎日終電、土日も出勤。疲れ果てて帰って、家ではもうベッドに倒れ込む日々。目の前の仕事以外は見えないので、精神的にもぎりぎりの状況だったのです。

 

妻にも、さすがに少し休まないとと心配されるありさまでした。

 

ベンチャーでやってやるぞと奮起するくらいなら、じぶんで会社を立ち上げる気概がないと勤まらないのかもしれないと思いました。

 

誰かに雇われないといけないという身分は、なかなかツライものがありますね。

 

仕事の無茶ぶりで、ヘルプ社員も困惑

 

「海外事業計画も一人では無理だ」と判断するようになりました。

 

このころは電話とメールで半日がつぶれ、残りの時間と残業で他の事業計画を作成しなければならないからです。

 

さすがに心身ともに限界であった私は社長に「残り事業に関しては、他の方を担当にしてください」とヘルプを出しました。

 

しかし「K君なら出来る、出来る」と調子のよい返事で返されるだけ。

 

「それでは困る」と懇願するとアシスタントをつけると言って、営業から1名、内勤事務から2名、ほとんど事情がわかっていないメンバーが、手伝ってくれることになりました。

 

ところが、市場規模や競合他社といった基礎的なリサーチからポジショニングなどの事業分析はできるはずもなく。

 

そもそも何故、自分がやらないといけないのか、何をするのといったところから説明せねばなりません。

 

私も説明下手でくどい言い回ししかできないので、うまく伝えられずに困りました。

 

わずか15名規模の会社にも関わらず、誰が何をしているのかといった情報の共有が全くされていないことに今更ながら驚きます。

 

彼らに0から説明しやり方を教えていては時間がかかり過ぎるという結論にいたりました。

 

少しでも作業に時間を使いたかった私は、あえなくアシスタントがヘルプにならないと諦め、また1人ぼっちの闘いに戻りました。

 

評価ランクはほぼゼロ。頑張りは何だったのか。

 

1人で1か月に4つ新規事業計画を立てるのははっきりいって無謀です。

 

ミスも出やすくなるし戦略を間違えやすくなります。

 

社長のありがちなフワっとした言葉でイメージだけを伝えてくるものを図式、数値化、文字にしてフィードバックするのも大変でした。

 

頼むから休ませてくれよ、ばかやろうと心の中で大声で叫び、近くの喫煙所でタバコを吸いながらなんとか気を休ませる日々も続きます。

 

試用期間が終わり、本採用の交渉が行われました。私はもう正直、ここは辞めようと思っていました。

 

社長からの提示は給与すえおき、みなし残業あり、毎週土曜日出勤というもでした。辞めようと思っていたものの、これだけやってこの評価なのかと愕然。

 

あまりにも濃いブラック企業そのものじゃないですか。

 

私に会社を見る目がなかったと言われればその通りなんですが、もうこういう働き方は2度としたくないです

 

オススメの転職エージェントはDODA〜私が評価する理由3つ〜



ブラック企業を抜け出すためにオススメなのは、当サイト管理人の私キタザワも利用した「DODA」という転職サイトです。


有名な会社なのですが、知らない方のためにDODAの良いところを、わかりやすく3つにまとめました。


ブラック労働から抜け出すために参考となれば幸いです。


@ 圧倒的な求人数も、非公開によって守られているので安心


DODAはインテリジェンス社によって運営されていますが、求人サイトでは大手のリクナビを追走する豊富な求人数を誇ります。10万件を超える求人が揃っており、「仕事が見つからないという状況が無いのでは?」と思えるほど。


私の利用時には、アドバイザーさんと相談をした際に4社の提案を受けています。もちろん、業種も別々で選びやすいです。これは、一度に提案してもらえるには十分な求人数でした。


圧倒的な求人がありながらも、8〜9割は非公開にしているため焦ってその場で決めなくても大丈夫。こういった余裕を感じさせてくれるのも、DODAの強みであると言えます。


A 仕事と給料は正当評価されるため、働きに見合った給料がもらえる


また、「転職すると収入が下がってしまう」という不安を持つ方に配慮された求人も目立ちます。「未経験であること」や「学歴を問われること」を恐れて、ブラックでも続けた方が良いと思う人も安心


それらの悩みが解消されるほど、相応の収入案件が並んでいるのもDODAの魅力。あらかじめアドバイザーさんに、サービス残業無しなどの希望があれば簡単に探してくれます。


正当な賃金評価をもらえず、ブラックで働いていたこともあった私は、転職したことで収入が増えてよかったです。ちなみに年収470万(ボーナス込み)で働かせて頂ける場を見つけられました。


B キャリアアドバイザーが優秀


何よりキャリアアドバイザーの方が優秀な点です。ふつうの就労相談員の方だと、こちらが伝える職業のイメージを一定の枠でしか考えてもらえないことがありますよね。


たとえば、「営業をやってみたい」と言っても、引き出しの少ないアドバイザーさんだと限られた営業しか教えてくれないこともあります。頭ごなしに「コレでいいでしょ」みたいな。しかし、DODAのアドバイザーさんの場合はかなり詳しいので心配不要


私のやっていた営業は、少しプレゼン色の強い営業だったので通じるか心配でした。それが、アドバイザーさんにはすぐ伝わり、「営業スタイルとしてはこういう仕事ですか?」と良い案件を教えてくれたということです。


通じるアドバイザーさんと話すと、こうも思った仕事をすぐに提供してくれるのかと思った瞬間でした。


DODAは使いやすさはバツグン。登録して連絡を待つだけ!


デメリットがあるとすれば、地方にいると相談できないということくらいでしょうか。それでも、相談なしで転職できるなら使ってしまう方が「高収入の案件」を地方でも見つけやすいです。


DODAは登録するとキャリアアドバイザーさんから連絡を待つのみと使いやすさバツグン。あとは、こちらの都合を伝えてしまえば問題ないのでぜひオススメです。


登録はコチラから⇒DODA