家電バブルが去ったら真っ黒に | 男性(45歳)

懐かしきエコポイント時代。今は売れない家電業界

 

私が勤めていた企業は某家電量販店でした。エコポイントがあったことがこの業界のピークです。

 

店頭に立っているだけでお客様から声をかけられて商品の説明をすることなく、在庫があるかチェックをすれば売れるという家電バブル状態でした。

 

しかし、そんな環境は長くは続かず、結局エコポイントが終了するとお客様の来店頻度が減り売り上げもジリジリと悪化していく一方。

 

もちろんそんな環境では、会社を存続することができないということで、会社からは個人ノルマが現在の状況を全く考えることなく設定させられていました

 

ノルマは、「現状の2倍を売れ」という無謀な数値目標。

 

そのノルマを達成するかどうかがボーナスや賞与に直結するため、必然的に達成不可能な状況でボーナスが減っても仕方ないという根回しがありました。

 

達成不可能なノルマで士気が上がるわけもありません。売り上げの限られた中でお客様の取り合いが社内で行われるようになります

 

自分が接客販売中にもかかわらず、「俺のお客さんだから代われ」と上司から言われることも。もうひと押しで買ってくれそうなお客さんから、手続きだけ奪うのです。

 

後輩は何も言い返すことができず渋々売り上げを譲ることもあり、社内の雰囲気は悪化する一方でした。

 

売れていない時ほど押し売り電話

 

とにかく売り上げが伸びていない時は、会社もお尻に火がついたような状態になっていました。

 

そのため、今まで仕事中は売り場に立っているのが当たり前だったにもかかわらず、1時間ごと自分の持っているお客さまに電話をするようになります。

 

「電話で誘引するように」というような営業を行うことを強要されるようになりました。普通に考えても、電話がかかってくればうっとうしいのに。

 

昨日パソコンを購入してくれたお客さまに、すぐテレビや冷蔵庫など買い換え需要がないか確認するなんてお客様のことを考えていると言えません。

 

会社は自分たちのことだけで必死な状況に違和感がありました。もちろんそんな違和感を抱えながらお客さまに電話をすると予想どおりの反応。

 

「この前パソコンを購入したばっかりで今は何も買い換えようなんて考えてないわ」と怒られることも。

 

何の意味があって電話をしているのか本当に不思議な思いが募る日々でした。

 

お客さまのニーズに合っているものを提案して、喜んでもらい信頼されることでお客様がつくものですが。

 

最も辛いのは、サービス残業

 

とにかく定時の間で目標金額を売り上げられないのであれば、残業をしてでも目標を達成させろという指示や雰囲気がありました

 

台風が来ていたり、大雨が来ると朝から予報がある日には、お客様の足は鈍く来店頻度も急激に減りますが、そんな環境の中でも目標を達成するまで帰れないこともあります。

 

ほとんどの社員がオープンから閉店まで、12時間以上も店舗で仕事をしているという日も月の半分ほどはありました。

 

残業代はつきませんので、帰宅するとヘトヘトで何もする気力がなくなるほどで鬱にもなりそうな環境。

 

このような業績が悪い流れの時には、毎年1年ごとに蓄えられていく有給休暇も使用することは困難です。

 

ノルマも達成していないにもかかわらず有給休暇を許可してもらうために、日々怒られている上司にハンコを貰いに行くということは困難。

 

怒られるとわかっているからこそ余計に足が遠のき、「怒られるくらいならもういいや」と有給申請することに胃がキリキリするような環境でした

 

先輩も同じで、有給申請する人をエコポイント以降は一切見かけることは無くなりました。

 

会社が厳しい中、「明日は会社があるかわからない」など上司からのプレッシャーに日々さいなまれている中で、社会人として成長している実感もありませんでした。

 

接客が楽しくなく、職場の人と顔を合わせても楽しくありません。社内のギクシャクしたような感じは、取引先のメーカー様にまでも噂になるほど。

 

仕事をしている目標も定まらない中、日々ストレスを溜めながら胃や腸を酷使し胃カイヨウ寸前になったことで、仕事を続けるには限界があると感じ退職をを決意しました。

 

次はもっと自分の考え方にあう企業で働きたいと思い転職活動をすることになりました。

 

家電に詳しい私ですが、近年はネット販売に流れるお客さまも多いので、ここらで店舗型は幕引きせねばいけないようにも思います。

 

今は、家電とは違うパソコンアシスタントを行っていますが、時代にあった職場を選ばないと大変だと思わされることばかりでした。

 

オススメの転職エージェントはDODA〜私が評価する理由3つ〜



ブラック企業を抜け出すためにオススメなのは、当サイト管理人の私キタザワも利用した「DODA」という転職サイトです。


有名な会社なのですが、知らない方のためにDODAの良いところを、わかりやすく3つにまとめました。


ブラック労働から抜け出すために参考となれば幸いです。


@ 圧倒的な求人数も、非公開によって守られているので安心


DODAはインテリジェンス社によって運営されていますが、求人サイトでは大手のリクナビを追走する豊富な求人数を誇ります。10万件を超える求人が揃っており、「仕事が見つからないという状況が無いのでは?」と思えるほど。


私の利用時には、アドバイザーさんと相談をした際に4社の提案を受けています。もちろん、業種も別々で選びやすいです。これは、一度に提案してもらえるには十分な求人数でした。


圧倒的な求人がありながらも、8〜9割は非公開にしているため焦ってその場で決めなくても大丈夫。こういった余裕を感じさせてくれるのも、DODAの強みであると言えます。


A 仕事と給料は正当評価されるため、働きに見合った給料がもらえる


また、「転職すると収入が下がってしまう」という不安を持つ方に配慮された求人も目立ちます。「未経験であること」や「学歴を問われること」を恐れて、ブラックでも続けた方が良いと思う人も安心


それらの悩みが解消されるほど、相応の収入案件が並んでいるのもDODAの魅力。あらかじめアドバイザーさんに、サービス残業無しなどの希望があれば簡単に探してくれます。


正当な賃金評価をもらえず、ブラックで働いていたこともあった私は、転職したことで収入が増えてよかったです。ちなみに年収470万(ボーナス込み)で働かせて頂ける場を見つけられました。


B キャリアアドバイザーが優秀


何よりキャリアアドバイザーの方が優秀な点です。ふつうの就労相談員の方だと、こちらが伝える職業のイメージを一定の枠でしか考えてもらえないことがありますよね。


たとえば、「営業をやってみたい」と言っても、引き出しの少ないアドバイザーさんだと限られた営業しか教えてくれないこともあります。頭ごなしに「コレでいいでしょ」みたいな。しかし、DODAのアドバイザーさんの場合はかなり詳しいので心配不要


私のやっていた営業は、少しプレゼン色の強い営業だったので通じるか心配でした。それが、アドバイザーさんにはすぐ伝わり、「営業スタイルとしてはこういう仕事ですか?」と良い案件を教えてくれたということです。


通じるアドバイザーさんと話すと、こうも思った仕事をすぐに提供してくれるのかと思った瞬間でした。


DODAは使いやすさはバツグン。登録して連絡を待つだけ!


デメリットがあるとすれば、地方にいると相談できないということくらいでしょうか。それでも、相談なしで転職できるなら使ってしまう方が「高収入の案件」を地方でも見つけやすいです。


DODAは登録するとキャリアアドバイザーさんから連絡を待つのみと使いやすさバツグン。あとは、こちらの都合を伝えてしまえば問題ないのでぜひオススメです。


登録はコチラから⇒DODA