これがブラック介護の総本山 | 男性(38歳)

ブラックが極まった介護施設とはこれ

 

以前、介護福祉士として特別養護老人ホームで働いていました。かなりブラックな施設です。

 

介護は体質的にもブラック業界と言われていますが、私が働いていた会社はブラックの中でも深いブラックな会社でした。

 

まず新人いじめが必ずある

 

私が入社してから、新人いじめはなくなることはありませんでした。どんな新人いじめがあったかといいますと、陰口は当たり前。

 

少しでも仕事でミスがあると、怒濤のごとくベテラン介護職員からバッシングを浴びます。

 

新人のうちは、怒られて当たり前ですが、わざと辞めさせるようなバッシングをしたり。ベテラン職員に仕事のしわ寄せがあると、小姑みたいにチクチクいじめます。

 

特に可愛い女性、綺麗な女性は、おばさん介護職員から標的にされます

 

可愛い女性、綺麗な女性は男性職員からちやほやされてしまいますので、おばさんは嫉妬に狂うのです。

 

少しでもおばさんの前で、男性職員から、ちやほやされている行為をみると、すぐにいじめに発展してしまいます。

 

若い女性は男性にとっても貴重なので、これは困るところ・・(苦笑)

 

介護職員は協力して仕事をしていくことが必須です。

 

そのためいじめられたら、無視はもちろん、引き継ぎもされませんから、仕事のミスをしてしまいどんどん追い込まれます。

 

施設介護で職員は50人ぐらいですが、毎月必ず1人はいじめで辞めていきました。何とも狂った施設体質ですよ。

 

利用者への対応がひどすぎる

 

利用者さんへの接し方も最悪。介護の現場で、利用者さんはお客様ですが、私が働いていた職場は、職員が一番で利用者さんはその次でした。

 

利用者さんへの言葉遣いは、頭ごなしで、上から目線でした。おじいちゃん、おばあちゃんには馴れ馴れしくても、愛情があればいいのですが・・。

 

ここは愛情はなくて、仕事と家庭のストレスを利用者にぶつけている職員がたくさんいる感じです。

 

特に、トイレに利用者さんが行きたいと言っても、トイレに行かせない、またトイレで立位ができない利用者さんはオムツにすぐにしてしまいます

 

またナースコールに対応しない職員がたくさんいて、利用者さんに「ナースコールは鳴らさないで」という始末。

 

私は、利用者さんへの対応が悪い職員にイライラしながらも、ストレスを出さないで仕事をしていました。

 

職場内不倫から、子どもを作って逃げた男

 

職場恋愛は私は歓迎しますが、私の働いていた職場は不倫と浮気が横行していました

 

一番ブラックなケースは、40代の男性が夫婦で働いていた時の事。この男性は、20代の複数の女性と肉体関係を持って子供を作ってしまいました。

 

そして職場から男性は逃げてしまいました。

 

確かに40代の男性が不倫するのは良くないことですが、不倫をする男性と分かりながら、遊んでいる女性職員もいて私には理解できません。

 

夜勤などヒマな時に、ちょっかいを出し続けていたと聞きます。男女の倫理観がない人が多くて、私は困惑してしまいました

 

意図的に改ざんされているかのような、給料計算ミス

 

私は給料計算は間違っていないと思い込んでいましたが、実は給料計算が多々間違っていることがありました

 

事務長に指摘しないと、給料計算を訂正してくれませんでした。

 

給料という根本的な報酬の計算が間違っているのは、会社として成り立っていないと思いましたね。意図的に、給料を払うことを渋っていたとも言えます。

 

毎回毎回、給料計算が間違っていて、不審に思って、給料計算のミスを指摘に行く職員がいても逆ギれされてしまいました。

 

そのため、給料が少なくても働いていている職員もたくさんいました。もはやありえない状況があったのです。

 

施設長が、不正受給をして解雇になった

 

施設長は看護師やケアマネージャーが退職して不在になっても、水増し請求をして介護報酬を貰って、自分の懐にお金を入れていました

 

流石にこれは、監査でわかってしまい、施設長は解雇にされて刑事責任に。

 

不正受給してしまいますと、施設経営は厳しくなり、給料も減らされたり、職員も少ない人数で働かないといけない状態になってしまいます。

 

一人の経営者の私利私欲のために、部下は悲惨な目にあってしまい、働いていている職員は毎日不安になりながら働いていていました。

 

真面目にやっても、上が不正をすると職員まで不正をしているように思われます。

 

警察の方に呼ばれて、内部の話を事情聴取されることもありましたが、こんな経験は普通の仕事ではありえないのです。

 

体調が悪くて休んでも嫌みは当たり前に言われる・・

 

私はたまに体調を崩してしまうことがあり、会社を休むこともありました。

 

休んだ後に出勤して謝罪をしても、「休まないで」と嫌みを言われてしまいます。会社に行くことが嫌になってしまいました。

 

ブラック介護施設でも、私の勤めていたところはエピソードが多すぎます。もう何でもブラックに関することなら詰まっていると言えますね。自慢にならないレベルですが。

 

このように、たくさんのブラックなことが重なり、私は会社を退職するようにしました。

 

もしも、そのまま働いていていたら、私の体と心はダメージを受けてしまい、最悪、引きこもりになってしまったかもしれません。

 

ブラックな会社はなかなか直らないことが多いです。人生楽しくしたいならブラック企業では働かないで退職した方がいいですよ。

 

オススメの転職エージェントはDODA〜私が評価する理由3つ〜



ブラック企業を抜け出すためにオススメなのは、当サイト管理人の私キタザワも利用した「DODA」という転職サイトです。


有名な会社なのですが、知らない方のためにDODAの良いところを、わかりやすく3つにまとめました。


ブラック労働から抜け出すために参考となれば幸いです。


@ 圧倒的な求人数も、非公開によって守られているので安心


DODAはインテリジェンス社によって運営されていますが、求人サイトでは大手のリクナビを追走する豊富な求人数を誇ります。10万件を超える求人が揃っており、「仕事が見つからないという状況が無いのでは?」と思えるほど。


私の利用時には、アドバイザーさんと相談をした際に4社の提案を受けています。もちろん、業種も別々で選びやすいです。これは、一度に提案してもらえるには十分な求人数でした。


圧倒的な求人がありながらも、8〜9割は非公開にしているため焦ってその場で決めなくても大丈夫。こういった余裕を感じさせてくれるのも、DODAの強みであると言えます。


A 仕事と給料は正当評価されるため、働きに見合った給料がもらえる


また、「転職すると収入が下がってしまう」という不安を持つ方に配慮された求人も目立ちます。「未経験であること」や「学歴を問われること」を恐れて、ブラックでも続けた方が良いと思う人も安心


それらの悩みが解消されるほど、相応の収入案件が並んでいるのもDODAの魅力。あらかじめアドバイザーさんに、サービス残業無しなどの希望があれば簡単に探してくれます。


正当な賃金評価をもらえず、ブラックで働いていたこともあった私は、転職したことで収入が増えてよかったです。ちなみに年収470万(ボーナス込み)で働かせて頂ける場を見つけられました。


B キャリアアドバイザーが優秀


何よりキャリアアドバイザーの方が優秀な点です。ふつうの就労相談員の方だと、こちらが伝える職業のイメージを一定の枠でしか考えてもらえないことがありますよね。


たとえば、「営業をやってみたい」と言っても、引き出しの少ないアドバイザーさんだと限られた営業しか教えてくれないこともあります。頭ごなしに「コレでいいでしょ」みたいな。しかし、DODAのアドバイザーさんの場合はかなり詳しいので心配不要


私のやっていた営業は、少しプレゼン色の強い営業だったので通じるか心配でした。それが、アドバイザーさんにはすぐ伝わり、「営業スタイルとしてはこういう仕事ですか?」と良い案件を教えてくれたということです。


通じるアドバイザーさんと話すと、こうも思った仕事をすぐに提供してくれるのかと思った瞬間でした。


DODAは使いやすさはバツグン。登録して連絡を待つだけ!


デメリットがあるとすれば、地方にいると相談できないということくらいでしょうか。それでも、相談なしで転職できるなら使ってしまう方が「高収入の案件」を地方でも見つけやすいです。


DODAは登録するとキャリアアドバイザーさんから連絡を待つのみと使いやすさバツグン。あとは、こちらの都合を伝えてしまえば問題ないのでぜひオススメです。


登録はコチラから⇒DODA