ブラックの基本はパワハラとセクハラ | 男性(36歳)

セクハラもパワハラも当たり前!不倫を持ちかける糞上司

 

時代の流れでしょうか???ブラック企業は未だに数多くありますよね。その中で僕が感じるのは、上司の社員に対しての思いやりのなさです。

 

僕が入社当時、「社内では思いやりを含むグループ感を持て」と言われてきました。これだけ聞くと「ああしっかりした会社だな」と思います。

 

会社=家族という認識ができたからです。人によっては、家族という認識もブラックなんですが・・。

 

社員全員の交通費や現場への移動費、打ち合わせ後のクライアントとの食事など細かく領収書など提示させられますよね。

 

そのためか、接待もできるだけ安い店で社員はお酌程度であまり飲み食いするなとまで言われてました。

 

誰かが不正をするとそれが組織全体の迷惑になるからです。確かに、適当なことをしている会社もあるので、まっとうな意見だとは思います。

 

しかし、入社して、3ヶ月辺りからだんだん「あれ?」と思うことが増えてきました。疑問と言えば良いのか・・・。

 

それは、思いやりの言い出しっぺである上司の思いやりのなさです

 

会社のお金で遊び、セクハラ罵倒はふつうの上司

 

散々、新入社員含め部下には、グループ感が大事とうたっておきながら自分たちは、会社のお金で遊び呆けるのです。

 

そして、ちょっとした食事も全て会社の経費。なぜ、上司だけがめちゃくちゃやれるの?と思ってしまいます。

 

それだけではありません。上司は、女性社員にはセクハラの罵倒。例えば、「そんな化粧だと男は寄り付かないぞ!」などと言います。

 

新入社員だった僕には普通のことなのかなーと思ってましたけどね。

 

同じ社員に聞くと、上司は「自分は何を言っても良いけど、周りは許さないスタイル」だと言っていました

 

そして、入社当時には、ボーナスなど頑張ればその分だけ数字で出して行くとみんなに言っておきながら実際は夏のボーナスは15%カット。

 

成績が優秀な人たちもみんな同じでした。女性には飲みの席でお酌をやらせるのが当たり前。

 

自分たちは、散々人を罵倒しておきながら部下が少し人に当たると「お前どんな立ち位置からモノ言ってるんだ?」といきなり説教です。

 

そんな上司は、部下と飲む時はいつも割り勘です。ケチ臭い上に、飲みの席では部下をいつも罵倒

 

イライラする社内環境ではないのに、いつも誰かを何かしら理由つけて悪口でみんなの前で恥を公開する有様。

 

「今どきこんなわかりやすい会社あるんだ?」と思いました。

 

部下が上司の機嫌を取るのは当たり前

 

そして、数日後その話を別の上司にすると「黙ってて?これ他に漏れるとまずいから。その代わり少し気をつけるね」と。

 

少しかよ?と呆れてしまいました。流石に、それはないでしょと。

 

一度上司を交えて日々の会話の内容などを打ち明けてみました。そうすると、思ってもない返答が・・・。

 

「部下が上司の機嫌を取るの当たり前だろ?」と・・・。絶句でしたね。

 

上司が言うには、「俺はこういうストレスがない生活がしたくてここまで登りつめた。だから、部下のお前らに言われる筋合いはない。」と言います。

 

確かに僕は部下ですが、会社のことを考えるとその理屈はおかしいと思いました。そもそも社員は、上司のストレスの吐け口ではないのですから。

 

100歩譲って注意がダメと言うわけではなく、せめて仕事の中で失敗に対しての話にして欲しい

 

女性に化粧が薄いとかそれだと男ができないと、仕事と関係ない内容はいかがなものなのかと思うのです。言い返せない見ているだけのぼくも、小さな男ですが・・。

 

僕らが、いくら頑張って社内を良い雰囲気にしたくても、これだと意味がないと思いました。

 

ダメ上司は不倫を持ちかける

 

これらの話を、同じ部下の人たちに話すと「あんなもんだよ。この会社の人たちは」と変な理解が社内に浸透しています。

 

ダメな上司は、諦められているのです。

 

夏と冬に社内旅行があるのですが、部下は上司の目ばかりを気にして楽しめる空気ではない様子。

 

社内旅行って普段取れないコミニケーションを社内で取る場なのに、どうなっているのかわからないです。

 

流石に、社員の僕が内部告発や内部情報を漏らすわけにもいかないので黙って働いてました。

 

男性ならまだしも、女性社員は本当に見てて可哀想でした。しかし、僕が一番ブラックだと思ったのは、これだけではありません。

 

仕舞には、身体の関係を求める糞上司がいたのです。

 

上司は女性社員が入ると、まず「男はいるのか?」と聞く習慣がありました。その後いないと見ると不倫話を持ち出したり、それを気に昇給を持ちかけるのです。

 

流石に、こればかりは僕も聞いていて耳が痛かった・・。何しろ、気になった可愛い女子社員が上司の毒牙にかかっていたからです

 

何か、上司に言われて関係を持っているのではないかと思うと、僕も精神的に苦しくなりました。

 

ブラック企業の基本ですが、罵倒やセクハラをやりたい放題。流石に、別の会社に転職するしかありませんでした。

 

オススメの転職エージェントはDODA〜私が評価する理由3つ〜



ブラック企業を抜け出すためにオススメなのは、当サイト管理人の私キタザワも利用した「DODA」という転職サイトです。


有名な会社なのですが、知らない方のためにDODAの良いところを、わかりやすく3つにまとめました。


ブラック労働から抜け出すために参考となれば幸いです。


@ 圧倒的な求人数も、非公開によって守られているので安心


DODAはインテリジェンス社によって運営されていますが、求人サイトでは大手のリクナビを追走する豊富な求人数を誇ります。10万件を超える求人が揃っており、「仕事が見つからないという状況が無いのでは?」と思えるほど。


私の利用時には、アドバイザーさんと相談をした際に4社の提案を受けています。もちろん、業種も別々で選びやすいです。これは、一度に提案してもらえるには十分な求人数でした。


圧倒的な求人がありながらも、8〜9割は非公開にしているため焦ってその場で決めなくても大丈夫。こういった余裕を感じさせてくれるのも、DODAの強みであると言えます。


A 仕事と給料は正当評価されるため、働きに見合った給料がもらえる


また、「転職すると収入が下がってしまう」という不安を持つ方に配慮された求人も目立ちます。「未経験であること」や「学歴を問われること」を恐れて、ブラックでも続けた方が良いと思う人も安心


それらの悩みが解消されるほど、相応の収入案件が並んでいるのもDODAの魅力。あらかじめアドバイザーさんに、サービス残業無しなどの希望があれば簡単に探してくれます。


正当な賃金評価をもらえず、ブラックで働いていたこともあった私は、転職したことで収入が増えてよかったです。ちなみに年収470万(ボーナス込み)で働かせて頂ける場を見つけられました。


B キャリアアドバイザーが優秀


何よりキャリアアドバイザーの方が優秀な点です。ふつうの就労相談員の方だと、こちらが伝える職業のイメージを一定の枠でしか考えてもらえないことがありますよね。


たとえば、「営業をやってみたい」と言っても、引き出しの少ないアドバイザーさんだと限られた営業しか教えてくれないこともあります。頭ごなしに「コレでいいでしょ」みたいな。しかし、DODAのアドバイザーさんの場合はかなり詳しいので心配不要


私のやっていた営業は、少しプレゼン色の強い営業だったので通じるか心配でした。それが、アドバイザーさんにはすぐ伝わり、「営業スタイルとしてはこういう仕事ですか?」と良い案件を教えてくれたということです。


通じるアドバイザーさんと話すと、こうも思った仕事をすぐに提供してくれるのかと思った瞬間でした。


DODAは使いやすさはバツグン。登録して連絡を待つだけ!


デメリットがあるとすれば、地方にいると相談できないということくらいでしょうか。それでも、相談なしで転職できるなら使ってしまう方が「高収入の案件」を地方でも見つけやすいです。


DODAは登録するとキャリアアドバイザーさんから連絡を待つのみと使いやすさバツグン。あとは、こちらの都合を伝えてしまえば問題ないのでぜひオススメです。


登録はコチラから⇒DODA