キャバ嬢まで社内旅行に来るんかいw | 男性(32歳)

経費を私利私欲に使う、スケベ親父な上司たち

 

僕が現在働いているブラック企業は経費を不当に使っています。社内も表向きは、経費削減をスローガンに掲げているにも関わらず

 

散々、新入社員含め部下には、経費削減を指導しながらも、上司たちは会社のお金で家賃まで支払っている現状w

 

そして、上司は皆キャバクラ好きで毎晩のように行ってました。もちろん、仕事は関係なく。まったく接待もないですが行きたいから行く。まさにスケベ親父w

 

経理課から聞いたことでわかったのですが、キャバクラの領収書が山のようにあるようです。もちろん、全て上司たちの遊び。ありえないのですが、全く文句も言えません。

 

仕事柄、経費と遊びの境界線が見えにくいのですが、さすがにこれはダメだというレベルでした

 

また、夏のボーナスが削減されたときにも、散々キャバクラで遊び呆けていました。彼らのボーナスを減額して欲しいくらい怒りがこみ上げてきます。

 

風俗などにも行っているようで、奥さんに誰か告げ口しないものかと思ってしまいますね。

 

キャバ嬢といるところを目撃

 

なぜ、ここまで上司たちが私利私欲を満たしていると言い切れるかというと、経理課の子に話を聞いただけではないのです。

 

休日に買い物をしていると、50過ぎの上司が奥さんとは思えない女性とショッピングをしていました。失礼ですが、見た目がとても派手だったのでキャバ嬢だと思いました。

 

年齢差にして30歳は離れているでしょう。

 

数日後その話を上司にすると「今度昇級するように社長に根回ししとくから黙っていて欲しい」と口止めがありました。

 

キャバクラがダメと言うわけではなく、せめて仕事の接待などで使うなら納得できるのですが。いくら頑張って経費削減しても意味がないと思いました。

 

社内旅行は、もちろんキャバ嬢つき

 

そして、夏と冬に社内旅行があるのですが、なぜか上司は女性連れなのです。誰?という感じではありますが。もちろん、遊びの女性たち。

 

会社の経費で、キャバ嬢を連れて行っているのです。イライラするんですが、まあまあ可愛いので余計に腹が立ちます。

 

ゴルフコンペのための景品は、非常に豪華なのですが・・。温泉旅行からダイソンの掃除機まで全て家に持って帰っていたのには驚きました。上司なら何でもありなの??

 

そもそも、そんなに儲かってないはずなのに全てがおかしい。「一体このお金はどこから出てるの?」と疑問ばかり。

 

周りに聞くと皆「うまくやってるんだよ」と言うだけ。社長は社長で、かなり上司たちと上手くやっているようで、組織的に何か危ない気がします

 

嫌なら他に行け

 

おかしいなと思ったのは、入社二年で給料カット10%事件です。こればかりは、僕も生活があるので上司に言いました。

 

入社二年目なのに、1割もカットされてはやっていけません。手取りにして16万円くらいの会社だったのですから。

 

そうすると、「いつでも代わりはいるから君は好きにしたら良いよ?」と言われました。

 

反論すればすぐにこの調子で、ブラック過ぎました。なぜ、他の社員が何も言わないのか理解ができました。言わないのではなく言えない環境なのです。

 

最初は、上司も良い顔をして新卒や中途社員を迎え入れるのですが・・。実際に入ると、組織でがんじがらめにして、他に移れなくする奴隷化を目指しているというわけです。

 

そして、気の弱い人には、「好きにしなよ」「辞めたければ他に行けば?」と捨て台詞。

 

他になかなか行けないことを分かっていてこれです・・。

 

一部の辞めていった社員からは、訴えられている上司もいるので、本当にブラック企業です。僕も早く次の会社を見つけて、さっさと辞めてしまおうと思いますね。

 

オススメの転職エージェントはDODA〜私が評価する理由3つ〜



ブラック企業を抜け出すためにオススメなのは、当サイト管理人の私キタザワも利用した「DODA」という転職サイトです。


有名な会社なのですが、知らない方のためにDODAの良いところを、わかりやすく3つにまとめました。


ブラック労働から抜け出すために参考となれば幸いです。


@ 圧倒的な求人数も、非公開によって守られているので安心


DODAはインテリジェンス社によって運営されていますが、求人サイトでは大手のリクナビを追走する豊富な求人数を誇ります。10万件を超える求人が揃っており、「仕事が見つからないという状況が無いのでは?」と思えるほど。


私の利用時には、アドバイザーさんと相談をした際に4社の提案を受けています。もちろん、業種も別々で選びやすいです。これは、一度に提案してもらえるには十分な求人数でした。


圧倒的な求人がありながらも、8〜9割は非公開にしているため焦ってその場で決めなくても大丈夫。こういった余裕を感じさせてくれるのも、DODAの強みであると言えます。


A 仕事と給料は正当評価されるため、働きに見合った給料がもらえる


また、「転職すると収入が下がってしまう」という不安を持つ方に配慮された求人も目立ちます。「未経験であること」や「学歴を問われること」を恐れて、ブラックでも続けた方が良いと思う人も安心


それらの悩みが解消されるほど、相応の収入案件が並んでいるのもDODAの魅力。あらかじめアドバイザーさんに、サービス残業無しなどの希望があれば簡単に探してくれます。


正当な賃金評価をもらえず、ブラックで働いていたこともあった私は、転職したことで収入が増えてよかったです。ちなみに年収470万(ボーナス込み)で働かせて頂ける場を見つけられました。


B キャリアアドバイザーが優秀


何よりキャリアアドバイザーの方が優秀な点です。ふつうの就労相談員の方だと、こちらが伝える職業のイメージを一定の枠でしか考えてもらえないことがありますよね。


たとえば、「営業をやってみたい」と言っても、引き出しの少ないアドバイザーさんだと限られた営業しか教えてくれないこともあります。頭ごなしに「コレでいいでしょ」みたいな。しかし、DODAのアドバイザーさんの場合はかなり詳しいので心配不要


私のやっていた営業は、少しプレゼン色の強い営業だったので通じるか心配でした。それが、アドバイザーさんにはすぐ伝わり、「営業スタイルとしてはこういう仕事ですか?」と良い案件を教えてくれたということです。


通じるアドバイザーさんと話すと、こうも思った仕事をすぐに提供してくれるのかと思った瞬間でした。


DODAは使いやすさはバツグン。登録して連絡を待つだけ!


デメリットがあるとすれば、地方にいると相談できないということくらいでしょうか。それでも、相談なしで転職できるなら使ってしまう方が「高収入の案件」を地方でも見つけやすいです。


DODAは登録するとキャリアアドバイザーさんから連絡を待つのみと使いやすさバツグン。あとは、こちらの都合を伝えてしまえば問題ないのでぜひオススメです。


登録はコチラから⇒DODA